トップページ > 250GT Lusso > 250GT Lussoの特徴と高く売るポイント

250GT Lussoの特徴と高く売るポイント

1962年-1964年までの間に約350台生産された 250GT Lusso。市販仕様250GT・SWBと250GTOの間を埋めるため、62年のパリサロンで発表された最後の250シリーズです。イタリア語でラクシュリーを意味するルッソの名が示すように、実用性を高め、さらに高級車のマーケットを狙って造られました。

250GTSWBロードバージョンの後継モデルとして送り出され、レース用ではなくグラン・トゥリズモとして開発されただけに、優雅な雰囲気が特徴。速度計と回転計がドライバー正面ではなくダッシュボード中央に位置するのも大きな特徴で、速く走ることのみが目的ではないルッソの性格を良く表わしています。

コロンボ系3LV12エンジンを搭載する優美なボディデザインは勿論ピニンファリーナの手によるもので、製作はスカリエッティが担当しました。奥まったフロントのラジエーターグリル、分割式のフロントバンパー、優美に流れるテールがエンド部分でスパッと立ち切られるコーダトロンカなどこの時代のフェラーリGTならではの雰囲気が特徴的です。

もし、250GT Lussoを所有している方!価値はどのくらいだろうと知りたくはないですか?できるだけ高く売るためには、一か所だけではなく数か所見積もりを出してもらうのが一番。
一括査定のサイトなどを利用して見積もりを出してもらうと良いと思います。

自動車保険を選ぶならココ!

フェラーリ中古車買取査定取扱地域一覧
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  新潟 長野 富山 石川  福井  東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨  愛知 岐阜 静岡 三重  大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山  鳥取 岡山 広島 山口 島根 徳島 香川 愛媛 高知  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


インターネット限定価格「ネット割」
Copyright © 2009 中古車買取査定【フェラーリ(FERRARI)車種別】愛車を高く売る方法· All Rights Reserved·