トップページ > 275GTB > 275GTBの特徴と高く売るポイント

275GTBの特徴と高く売るポイント

275GTBは1964年のパリ・サロンで一般に公開され、それまで生産されていた、250GT系の後継車として開発されたました。それまで市販されていたフェラーリのロードカーがレースカーをベースに作られていたのに対し、275GTBは最初からロードカー/グランドツアラーとして設計されているため、格段に遮音・断熱などが向上し、快適に運転が出来るようになりました。

1964年-1966年初期までのSOHCエンジン搭載型は、クラッチとトランスアクスルを繋いでいたプロペラシャフトのアライメントずれのため、特定の速度域でバイブレーションによるフロアの共振がありましたが、1966年後期から生産されたモデルでは、プロペラシャフトを廃止し、その代わりエンジン/クラッチハウジングとトランスアクスルをトルクチューブでリジットに固定、一体化することによって振動問題の解決、またシャーシ強度も向上しました。

ミッションのギア比は1-5速が3.075-2.210-1.572-1.250-1.104で、最終減速比は3.555最高速度は250km/hと発表されていました。

もし、275GTBを所有している方!価値はどのくらいだろうと知りたくはないですか?できるだけ高く売るためには、一か所だけではなく数か所見積もりを出してもらうのが一番。
一括査定のサイトなどを利用して見積もりを出してもらうと良いと思います。

自動車保険を選ぶならココ!

フェラーリ中古車買取査定取扱地域一覧
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  新潟 長野 富山 石川  福井  東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨  愛知 岐阜 静岡 三重  大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山  鳥取 岡山 広島 山口 島根 徳島 香川 愛媛 高知  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


インターネット限定価格「ネット割」
Copyright © 2009 中古車買取査定【フェラーリ(FERRARI)車種別】愛車を高く売る方法· All Rights Reserved·