トップページ > 412P > 412Pの特徴と高く売るポイント

412Pの特徴と高く売るポイント

412Pは、330P4のバックアップ用にスクーデリア・フェラーリが、プライベートチームへ供給したレース用車両です。412Pとは、4リッター、12気筒という意味です。

412Pは、開発初期にP3/4と呼ばれたこの車は、P4とほぼ同じボディを持ち、エンジンはP3と同じ仕様で、燃料供給がルーカス社製の燃料噴射装置からウェーバー(マニエッティ・マレリ)のキャブレター仕様に変更。またギアボックスはZF製、駆動系、ブレーキ、ホイールはP3の物を採用していた。67年になってからP3/4は412Pと命名されています。

412Pは、1966年のルマンでのフォードチームによる物量作戦を目の当たりにしたフェラーリは、1967年用の330P4のバックアップをプライベートチームの412Pと365P2/3に担わせました。412Pは4台製造されたが、そのうち2台は66年に使用されたP3のシャーシを改装して製作されましたが、1967年シーズン中に小変更を重ねた結果、ボディ外観の一部とエンジン以外、本物のP4と見分けが付かなくなっています。

残り2台の新造412Pは、本来P3として完成するはずのシャーシを使用して製作されました。

もし、412Pを所有している方!価値はどのくらいだろうと知りたくはないですか?できるだけ高く売るためには、一か所だけではなく数か所見積もりを出してもらうのが一番。

一括査定のサイトなどを利用して見積もりを出してもらうと良いと思います。

自動車保険を選ぶならココ!

フェラーリ中古車買取査定取扱地域一覧
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  新潟 長野 富山 石川  福井  東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨  愛知 岐阜 静岡 三重  大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山  鳥取 岡山 広島 山口 島根 徳島 香川 愛媛 高知  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


インターネット限定価格「ネット割」
Copyright © 2009 中古車買取査定【フェラーリ(FERRARI)車種別】愛車を高く売る方法· All Rights Reserved·