トップページ > スーパーカー >  512S/512M

512S/512Mの特徴と高く売るポイント

512S/512Mはスクーデリア・フェラーリがカナディアン-アメリカン・チャレンジカップの新レギュレーションで参戦するために作られたレーシングカーです。

512Sの全体の設計は、シャーシは一部モノコックに一部鋼管スペースフレームを組み合わせた「エアロ」とよばれるセミモノコック、サスペンションはフロントがダブルウィシュボーン・リアは4リンクサスペンションを持つ。エンジンは60度V型12気筒DOHC4バルブ4994ccから550HP/8500rpmを発生しました。512Sは1969年11月始めに、1号車が完成、翌1970年1月にグループ4のホモロゲートを取得するべく製作が続けられたが、生産が大幅に遅れました。

ル・マンの終了後71年のシーズンに向けて512Sを改良した1971年型のマシンは、Modificata(改良型)のMをとって512Mと呼ばれました。シャーシは、パイプフレームの見直しに始まり、形状の変更、部品のサイズ見直しなど、全体に見直された結果、512Sより約70kg軽量化され、 エンジンは吸排気バルブや、カムタイミングの見直しで最高出力が約40馬力向上。ファクトリーでのベンチテストでは、616bhp/8600rpmをマークしたと記録されています。

もし、512S/512Mを所有している方!価値はどのくらいだろうと知りたくはないですか?できるだけ高く売るためには、一か所だけではなく数か所見積もりを出してもらうのが一番。一括査定のサイトなどを利用して見積もりを出してもらうと良いと思います。

512S/512Mの買取価格の相場

512S/512Mの買取価格の相場買取価格ASK
275GTB/4の中古車の参考価格;中古車価格ASK

希少価値の大変高い車種ですので、高額査定が期待できるかもしれません!でも、たくさんある買取専門のお店に査定してもらうのは時間も手間も掛かりまよね。出来るだけ高く売りたい、でも時間が・・・という方におすすめなのが無料一括査定です!

無料一括査定でしたら買い取り価格相場を複数の業者から一括で査定してもえるので時間も手間も掛かりません。ぜひ無料一括査定をいたしましょう!

512S/512Mのスペック情報

ボディタイプ ミッドシップ
全長×全幅×全高(mm) 不明
排気量(cc) 4994
最高出力(馬力) 616
駆動方式 FR
乗車定員 1名
マイナーチェンジ情報 「1969年」-「1971年」

当サイト アクセスランキングBEST3



自動車保険を選ぶならココ!

フェラーリ中古車買取査定取扱地域一覧
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  新潟 長野 富山 石川  福井  東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨  愛知 岐阜 静岡 三重  大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山  鳥取 岡山 広島 山口 島根 徳島 香川 愛媛 高知  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


インターネット限定価格「ネット割」
Copyright © 2009 中古車買取査定【フェラーリ(FERRARI)車種別】愛車を高く売る方法· All Rights Reserved·