トップページ > スーパーカー >  275/330P2

275/330P2の特徴と高く売るポイント

64年のルマンでフォードGTの速さに脅威を感じたフェラーリは、1965年用に275/330Pを全面的に改良した。それが275/330P2です。275/330P2は排気量以外大きな違いはなく、この時代のフェラーリは、出場レースによってエンジンを使い分けていたため、その時の搭載エンジンによって275/330と呼ばれていました。

エンジンは275/330PのSOHCから、スーパーテスタロッサ以来のDOHCに変更。スペックはV60度DOHC12気筒で、動弁はチェーン駆動2バルブ(吸排気それぞれ1)であった。排気量は前年の3.3/4.0Lと変更はありません。

シャーシは、それまでの多鋼管を溶接して組まれたスペースフレームから、フェラーリのF1マシンと同じ、パイプで組まれたセンターセクションに、アルミパネルをリベット止めする工法で組まれたセミモノコック(フェラーリではこれを航空機と同じ工法ということでエアロと呼んでいた)へと変更。

ボディスタイルは、このP2から風洞実験と実際の走行試験の結果決定され、ウエストラインは275/330Pより低められ、結果前後のフェンダーが大きく張り出すスタイルになりました。ノーズはリフトを押さえるため地面に近づけられた。さらに高速時のダウンフォースを得るために、別体式のリアスポイラーが装着されています。

もし、275/330P2を所有している方!価値はどのくらいだろうと知りたくはないですか?できるだけ高く売るためには、一か所だけではなく数か所見積もりを出してもらうのが一番。
一括査定のサイトなどを利用して見積もりを出してもらうと良いと思います。

275/330P2の買取価格の相場

275/330P2の買取価格の相場買取価格ASK
275/330P2の中古車の参考価格;中古車価格ASK

耐久レース用に開発された車両ですので、高額査定が期待できるかもしれません!でも、たくさんある買取専門のお店に査定してもらうのは時間も手間も掛かりまよね。出来るだけ高く売りたい、でも時間が・・・という方におすすめなのが無料一括査定です!

無料一括査定でしたら買い取り価格相場を複数の業者から一括で査定してもえるので時間も手間も掛かりません。ぜひ無料一括査定をいたしましょう!

275/330P2のスペック情報

ボディタイプ ミッドシップ
全長×全幅×全高(mm) 不明
排気量(cc) 3300-4000
最高出力(馬力) 410
駆動方式 FR
乗車定員 1名
マイナーチェンジ情報 「1965年」-「1965年」

275GTB/4のスペック情報

ボディタイプ クーペ
全長×全幅×全高(mm) 4410×1725×1200
排気量(cc) 3286
最高出力(馬力) 300
駆動方式 FR
乗車定員 2名
マイナーチェンジ情報 「1966年」-「1968年」

当サイト アクセスランキングBEST3



自動車保険を選ぶならココ!

フェラーリ中古車買取査定取扱地域一覧
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  新潟 長野 富山 石川  福井  東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨  愛知 岐阜 静岡 三重  大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山  鳥取 岡山 広島 山口 島根 徳島 香川 愛媛 高知  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


インターネット限定価格「ネット割」
Copyright © 2009 中古車買取査定【フェラーリ(FERRARI)車種別】愛車を高く売る方法· All Rights Reserved·