トップページ > スーパーカー >  712P

712Pの特徴と高く売るポイント

712Pは、1971年のCan-Am選手権用に開発されたマシンで、612Pの改良型ではなく、512SのシャーシNo,1010をCan-Am仕様のオープンボディに改造し、7.0Lエンジンを搭載したマシンです。第4戦のワトキンズ・グレンに登場し、予選5位、決勝4位と健闘しました。

712Pは、翌72年にはNARTから2戦出場、第3戦のラグナ・セカでは10位、第5戦のエルクハート・レイクでは4位に入賞しています。更に翌73年には同じくNARTから、第3戦ワトキンズ・グレンに参戦しているが、残念ながらリタイアに終わっています。

世界屈指のスポーツカーメーカーとして君臨するフェラーリは、1947(S22)年にレーシングチーム運営のための会社としてスタート。当初はレース参戦の資金を捻出するためにレーシングカーをロードカーに仕立てて販売していましたが、その人気は非常に高く、やがて量産GTの開発を本格的に手がけるようになりました。しかし、60年代に入ると経営状態は悪化。69(S44)年にはフィアットの傘下に入り、経営の建て直しを図りました。現在でも身売りの噂は絶えませんが、ニューモデルは積極的にリリースされ、F1の活動も鋭意続けています。

もし、712Pを所有している方!価値はどのくらいだろうと知りたくはないですか?できるだけ高く売るためには、一か所だけではなく数か所見積もりを出してもらうのが一番。一括査定のサイトなどを利用して見積もりを出してもらうと良いと思います。

712Pの買取価格の相場

712Pの買取価格の相場買取価格ASK
712Pの中古車の参考価格;中古車価格ASK

レース用に開発された車両ですので、高額査定が期待できるかもしれません!でも、たくさんある買取専門のお店に査定してもらうのは時間も手間も掛かりまよね。出来るだけ高く売りたい、でも時間が・・・という方におすすめなのが無料一括査定です!

無料一括査定でしたら買い取り価格相場を複数の業者から一括で査定してもえるので時間も手間も掛かりません。ぜひ無料一括査定をいたしましょう!

712Pのスペック情報

ボディタイプ ミッドシップ
全長×全幅×全高(mm) 不明
排気量(cc) 7000
最高出力(馬力) 660
駆動方式 FR
乗車定員 1名
マイナーチェンジ情報 「1971年」-「1973年」

当サイト アクセスランキングBEST3



自動車保険を選ぶならココ!

フェラーリ中古車買取査定取扱地域一覧
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  新潟 長野 富山 石川  福井  東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨  愛知 岐阜 静岡 三重  大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山  鳥取 岡山 広島 山口 島根 徳島 香川 愛媛 高知  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


インターネット限定価格「ネット割」
Copyright © 2009 中古車買取査定【フェラーリ(FERRARI)車種別】愛車を高く売る方法· All Rights Reserved·