トップページ > スーパーカー >  275GTB/4

275GTB/4の特徴と高く売るポイント

1966年のパリ・サロンで発表された275GTB/4は、シリンダーブロックはSOHCモデルと同じながら、新設計のシリンダーヘッドを採用し、フェラーリのロードカーとしては初の4カム(DOHC)エンジンを採用していました。

275GTB/4のエンジンは、バルブアングルは、SOHCモデルの57度から54度へと狭められ、吸排気効率の向上と燃焼効率を向上しています。キャブレターはウェーバー・ダウンドラフト40DCN-17ツインチョークで、フェラーリのロードモデルとしては初のドライサンプを採用しています。最高出力は300hp/8000rpmへ、最大トルクは30.0kg/6000rpmと最大発生回転数が向上しています。

エンジン/トランスアクスルは75mmのトルクチューブで連結され、ミッションのギア比は1-5速が3.076-2.119-1.572-1.250-1.038へと変更。最終減速比は変わらず3.555のままだが、最高回転数が上がったため最高速度は268km/hへと向上(発表値)しています。

ボディはロングノーズ(前期型に比べ約90mm長い)で、前期型に比べ小さめのグリルの両脇にバンパーを咥えたような造形で、ボンネット上に、高くなったエアクリーナーをクリアするためのボンネットバルジが設けられた。またリアウインドーが前期型より広く採られ、トランクのヒンジ部分が外部に出ています。

その後1968年のパリ・サロンで365GTB/4デイトナが発表されるまでの約2年間で、生産台数が350台程と言われています。

もし、275GTB/4を所有している方!価値はどのくらいだろうと知りたくはないですか?できるだけ高く売るためには、一か所だけではなく数か所見積もりを出してもらうのが一番。
一括査定のサイトなどを利用して見積もりを出してもらうと良いと思います。

275GTB/4の買取価格の相場

275GTB/4の買取価格の相場買取価格ASK
275GTB/4の中古車の参考価格;中古車価格ASK

生産台数の少ない、大変稀少な車両ですので、高額査定が期待できるかもしれません!でも、たくさんある買取専門のお店に査定してもらうのは時間も手間も掛かりまよね。出来るだけ高く売りたい、でも時間が・・・という方におすすめなのが無料一括査定です!

無料一括査定でしたら買い取り価格相場を複数の業者から一括で査定してもえるので時間も手間も掛かりません。
ぜひ無料一括査定をいたしましょう!

275GTB/4のスペック情報

ボディタイプ クーペ
全長×全幅×全高(mm) 4410×1725×1200
排気量(cc) 3286
最高出力(馬力) 300
駆動方式 FR
乗車定員 2名
マイナーチェンジ情報 「1966年」-「1968年」

当サイト アクセスランキングBEST3



自動車保険を選ぶならココ!

フェラーリ中古車買取査定取扱地域一覧
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  新潟 長野 富山 石川  福井  東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨  愛知 岐阜 静岡 三重  大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山  鳥取 岡山 広島 山口 島根 徳島 香川 愛媛 高知  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


インターネット限定価格「ネット割」
Copyright © 2009 中古車買取査定【フェラーリ(FERRARI)車種別】愛車を高く売る方法· All Rights Reserved·