トップページ > 375MM > 375MMの特徴と高く売るポイント

375MMの特徴と高く売るポイント

375MM(ミッレミリア)は、1953年フェラーリ初の大排気量4.5リッター・スポーツカーとして誕生しました。搭載されているエンジンは、先代車種の340系のエンジンを改良しボアアップされたものです。ピニンファリーナがボディをデザインし、とてもグラマラスで美しい仕上がりになっています。ピニンファリーナ製スパイダーが16台、ピニンファリーナ製ベルリネッタが10台、映画監督のロベルト・ロッセリーニが女優のイングリット・バーグマンのために注文したバーグマン・クーペが1台、ピニンファリーナ製カブリオレが1台、ギア製クーペが1台、ヴィニャーレ製スパイダーが1台製作されました。主にプライベートチームによりレースを戦いました。

375MM(ミッレミリア)の、エンジンはフロント縦置きで60度V型12気筒ボア・ストローク84×68mm1気筒あたり排気量376.84cc総排気量4522ccです。最高速度は289km/hです。トランスミッションは4速MTです。

無料一括査定ならこの375MMの買い取り価格相場を知ることができます。複数の業者に一気に査定を申し込むことができるので、高額で買い取ってくれる業者をすぐにみつけることができます。是非、簡単に出来る無料一括査定をいたしましょう!

自動車保険を選ぶならココ!

フェラーリ中古車買取査定取扱地域一覧
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  新潟 長野 富山 石川  福井  東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨  愛知 岐阜 静岡 三重  大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山  鳥取 岡山 広島 山口 島根 徳島 香川 愛媛 高知  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


インターネット限定価格「ネット割」
Copyright © 2009 中古車買取査定【フェラーリ(FERRARI)車種別】愛車を高く売る方法· All Rights Reserved·