トップページ > 500TR > フェラーリ500TRの特徴と高く売るポイント

フェラーリ500TRの特徴と高く売るポイント

フェラーリ500TRは、1956年に製作され、ル・マンにもエントリーして活躍したモデルです。1気筒あたり約500ccの直列4気筒タイプのエンジンを搭載しています。当時、マセラーティの2リッター4気筒エンジンに対抗するため、フェラーリはまったく新しいエンジンを必要としていました。こうして生まれましたのが、モンディアルから派生したもので、かつてマセラーティのエンジニアだったマッシミーノが、信頼性が高くパワフルなエンジンへと熟成させました。

フェラーリ500TRの新しいエンジンのヘッドは赤い塗装が施されており、ここからテスタロッサの名前が生まれました。500TRの"TR"は、テスタロッサの略で、イタリア語でテスタは、"頭"、ロッサは、"赤"という意味です。またこの500TRで初めて"TR"の名称が使われましたので、テスタロッサの初代モデルといっていいでしょう。ボディは、スカリエッティが担当しました。これよりスタイルのいいセカンドバージョンが、500TRCであり、やはりスカリエッティボディをまとい、既存ののカスタマー向けに温存されました。ファクトリーカーとしてレースに出たことはありませんが、500TRCは秀逸なハンドリングと高い信頼性を発揮して幾多の勝利を挙げました。

エンジンは、総排気量1.984リッターの直列4気筒DOHCで、1気筒あたり496.21ccです。これをフロントに縦置きで搭載しています。燃料供給は、ウェーバー(ツイン)40 DCO/3キャブレターを装備し、ツインスパークの点火装置により、最大出力180hp/7,000rpmを発生します。これにより最高速度は、245km/hに達します。潤滑システムは、ドライサンプで、トランスミッションは、前進4段+後進1段となっています。

無料一括査定ならこのフェラーリ500TRの買い取り価格相場を知ることができます。複数の業者に一気に査定を申し込むことができるので、高額で買い取ってくれる業者をすぐにみつけることができます。是非、簡単に出来る無料一括査定をいたしましょう!

自動車保険を選ぶならココ!

フェラーリ中古車買取査定取扱地域一覧
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  新潟 長野 富山 石川  福井  東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨  愛知 岐阜 静岡 三重  大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山  鳥取 岡山 広島 山口 島根 徳島 香川 愛媛 高知  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


インターネット限定価格「ネット割」
Copyright © 2009 中古車買取査定【フェラーリ(FERRARI)車種別】愛車を高く売る方法· All Rights Reserved·