トップページ > 125S > 125Sの特徴と高く売るポイント

125Sの特徴と高く売るポイント

125Sは、1947年にフェラーリが最初に作ったモデルです。現在のダイナミックで流麗なスタイリングのフェラーリとは違い葉巻型のオープン2シーターです。

125SのV型12エンジンは、ジュゼッペ・ブッソとルイジ・バッツィの協力を得て、ジョアキーノ・コロンボが設計しました。1気筒あたり排気量は125ccです。この数値がモデル名の由来になっています。フェラーリの12気筒モデルのネーミングの多くは伝統的に1気筒あたりの排気量を表しています。125Sにはスポルトとコルサバージョンがあり、ボディワークが異なりますが、シャーシとランキングギアは基本的に同じです。1947年5月11日にピアツェンツァのレースでデビューしました。初戦は燃料ポンプの故障でリタイアしましたが、その後4か月の間に13のレースに出場して6レースで勝利しました。

エンジンはV型12気筒ボア・ストローク55×52.5mm1気筒あたり排気量124.73cc総排気量1496ccです。最高速度は210km/hです。トランスミッションは5速MTです。

無料一括査定ならこの125Sの買い取り価格相場を知ることができます。複数の業者に一気に査定を申し込むことができるので、高額で買い取ってくれる業者をすぐにみつけることができます。是非、簡単に出来る無料一括査定をいたしましょう!

自動車保険を選ぶならココ!

フェラーリ中古車買取査定取扱地域一覧
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  新潟 長野 富山 石川  福井  東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨  愛知 岐阜 静岡 三重  大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山  鳥取 岡山 広島 山口 島根 徳島 香川 愛媛 高知  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


インターネット限定価格「ネット割」
Copyright © 2009 中古車買取査定【フェラーリ(FERRARI)車種別】愛車を高く売る方法· All Rights Reserved·