トップページ > 250GTベルリネッタSWB > 250GTベルリネッタSWBの特徴と高く売るポイント

250GTベルリネッタSWBの特徴と高く売るポイント

250GTベルリネッタSWBは、1959年10月のパリ・サロンで発表されました。ロードレーサーの理想を実現したモデルといえます。ほんの数か所手を入れるだけで(具体的には、コールドタイプのプラグにレース用タイヤ、そしてロールバー)、サーキットに乗り付けてすぐレースに参戦することができました。デザインはピニン・ファリーナで、製作はスカリエッティです。初期型はアルミボディでしたが、その後アルミボディはレースバージョン専用になりました。

250GTベルリネッタSWBは、1960年モデルは2400mmホイールベースのシャーシ上に組み立てられ、ディスクブレーキを標準で備えるフェラーリ初の量産ロードカーでした。これ以前の250GTのベルリネッタとは異なり、左右どちらのハンドル位置を選べることができました。アルミボディ、軽量室内トリム、ハイチューンド・エンジンのレーススペックも用意されました。ロードカーのボディはスチール製で、開口部パネルのみがアルミでした。

エンジンは、60度V型12気筒フロント縦置きです。1気筒あたりの排気量246.10cc総排気量2953ccです。最高速度は268km/hです。トランスミッションは4速MTで、オールシンクロメッシュのギアボックスと組み合わされています。駆動力はプロペラシャフトを介してリジッドのリアアスクルに伝えられます。

1960年から1962年までトゥール・ド・フランスで3連勝しました。1960年と61年のルマンのGTカテゴリーで優勝、ニュルブルクリンク1000kmでは1961年と62年に優勝しています。

無料一括査定ならこの250GTベルリネッタSWBの買い取り価格相場を知ることができます。複数の業者に一気に査定を申し込むことができるので、高額で買い取ってくれる業者をすぐにみつけることができます。是非、簡単に出来る無料一括査定をいたしましょう!

自動車保険を選ぶならココ!

フェラーリ中古車買取査定取扱地域一覧
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  新潟 長野 富山 石川  福井  東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨  愛知 岐阜 静岡 三重  大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山  鳥取 岡山 広島 山口 島根 徳島 香川 愛媛 高知  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


インターネット限定価格「ネット割」
Copyright © 2009 中古車買取査定【フェラーリ(FERRARI)車種別】愛車を高く売る方法· All Rights Reserved·