トップページ > 250P > 250Pの特徴と高く売るポイント

250Pの特徴と高く売るポイント

250Pは、12気筒エンジンをミッドシップした初のフェラーリとして1963年に製造されました。250PのPは、Prototypeを意味します。62年の後半から始まり、当時の主力レース車両だった250TRをミッドシップ化することから始められました。1961年に開発されたフェラーリ初のミッドシップスポーツであるディーノ246SPがベースになっています。テスタロッサの60度V型SOHC3.0リッター12気筒・ドライサンプエンジンを搭載しています。ピニンファリーナのデザインは、クリーンでシャープなもので、コックピットのすぐ後ろのロールオーバーフープを内蔵するウイングが特徴的です。250Pは、全部で4台製造されました。セブリング12時間、ル・マン24時間で優勝して、1963年の製造者チャンピオンになりました。

250Pのエンジンは、60度V型12気筒ボア・ストローク73×58.8mm1気筒あたり排気量246.10cc総排気量2953ccです。トランスミッションは5速MTです。最高速度は、290km/hです。サスペンションはディーノ246SPをほぼそのまま受け継いでいます。前後輪ともダブルウィッシュボーンにコイル/ダンパーの組み合わせ、前後ともアンチロールバー(スタビライザー)を備えています。ブレーキはダンロップ製のソリッドディスクブレーキで、フロントはアウトボード、リアはインボードにマウントされていました。

無料一括査定ならこの250Pの買い取り価格相場を知ることができます。複数の業者に一気に査定を申し込むことができるので、高額で買い取ってくれる業者をすぐにみつけることができます。是非、簡単に出来る無料一括査定をいたしましょう!

自動車保険を選ぶならココ!

フェラーリ中古車買取査定取扱地域一覧
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  新潟 長野 富山 石川  福井  東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨  愛知 岐阜 静岡 三重  大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山  鳥取 岡山 広島 山口 島根 徳島 香川 愛媛 高知  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


インターネット限定価格「ネット割」
Copyright © 2009 中古車買取査定【フェラーリ(FERRARI)車種別】愛車を高く売る方法· All Rights Reserved·