トップページ > 288GTO Evoluzione > フェラーリ288GTOEvoluzioneの特徴と高く売るポイント

フェラーリ288GTOEvoluzioneの特徴と高く売るポイント

フェラーリ288GTOEvoluzioneは、1984年にデビューしたフェラーリ288GTOをベースに製作されたレース専用モデルです。288GTOは、レース参加を前提として、当時の競技車両規定(グループB)のホモロゲーションに沿って製作されたマシンでしたが、ことレースにおいてはフェラーリに追随しようというメーカーが現れず、更には1986年のWRCでの死亡事故多発による1987年以降のグループB車両でのラリー競技中止もあり、闘う場を失ってしまいました。

フェラーリ288GTOEvoluzioneの、ボディカウルは軽量なカーボン樹脂製のものです。前後のフェンダーは更に大きく張り出されたものに変更されており、角度調整式の大型リヤスポイラーが装着されています。4本に増やされたリヤフェンダーの縦型ルーバー(これはGTOシリーズ共通のデザインモチーフである)や、フロントカウルとリアカウルに新たに設けられた複数のNACAダクト、プレクシグラス製のサイドドア及びリアウインドウ、3本口のエギゾーストエンドなど、後のF40に受け継がれる処理がみられます。またボディの各寸法も見直しがかけられ、より幅広く、より低いものとなっています。

エンジンは、288GTOの2.855リッターのV型8気筒DOHCにIHI製のターボ、インタークーラーをツイン装着したものと基本構成は同じです。ただ、ターボチャージャーを大型化するなど更にチューンを施し、これをウェーバーのインジェクションシステムでマネジメントし、最大出力650hp/7,800rpm、最大トルク68.0kgm/4,800rpmを発生するまでに強化されています。なお、総生産台数は、6台。このうち2台がF40開発のためにフェラーリに残され、F40がデビューしたのち1988年から1989年の間に残り4台が外部に放出されました。そのうちの1台は、Art Sportsの手により日本に上陸しています。

無料一括査定ならこのフェラーリ288GTOEvoluzioneの買い取り価格相場を知ることができます。複数の業者に一気に査定を申し込むことができるので、高額で買い取ってくれる業者をすぐにみつけることができます。是非、簡単に出来る無料一括査定をいたしましょう!

自動車保険を選ぶならココ!

フェラーリ中古車買取査定取扱地域一覧
北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  新潟 長野 富山 石川  福井  東京 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨  愛知 岐阜 静岡 三重  大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山  鳥取 岡山 広島 山口 島根 徳島 香川 愛媛 高知  福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄


インターネット限定価格「ネット割」
Copyright © 2009 中古車買取査定【フェラーリ(FERRARI)車種別】愛車を高く売る方法· All Rights Reserved·